外反母趾を治す対策とは

外反母趾を治す対策とは

外反母趾の原因はハイヒールを履くことや幅の狭い靴を履くことではありません。

本当の原因は、足の指を使っていない歩き方にあります。

外反母趾とは、足の親指が小指の方に曲がっていく症状で、角度が15度までが正常、40度以上で重度になります。

対策としては、指全体を外側へ向ける体操を毎日欠かさず続けて筋肉の収縮を行うことです。

足のバランスが崩れることも足の筋力の低下につながるので、足の様々な筋力アップの体操を併用していくことが大切です。

関連記事

  1. 肩こりにおける針施術の利点

雑誌に掲載されました。

ブログ


妊活雑誌に掲載されました。