ギックリ腰になった場合は無理に動かない

42歳女性 無職の方からの質問

数年に一度腰痛がある程度でしたが、 30代後半になってから座ることが出来ないくらいの 腰痛が頻発するようになりました。

それでも数日で治り、全く腰痛のない生活に戻れていたんですが、 41歳頃から腰痛が慢性化し、先日もぎっくり腰になり一週間、 寝たきりの状態になりました。

それ以降、慢性痛が悪化しています。

整形外科に行っても薬が出るだけなので、 整体に興味を持つようになりました。

レントゲンでは骨に異常がないので、 どこが原因で腰痛が起きるのか聞いてみたいです。

ちなみに1日中PC作業をしています。

ぎっくり腰になった時の対処法。

ならない為の方法。

回答

ギックリ腰になった場合は、無理に動かないで 安静にしなければなりません

基本的には、鍼灸整体治療をして横向きでよく休まなければいけません

座って休むのは、腰の筋肉に負担をかけている状態なので、休ませていることになりません。

骨に原因がない場合は、ほとんどが筋肉の硬化が 痛みの原因です。

硬い筋肉の状態は痛みが出やすく、また硬い状態のまま座って仕事をしていると、柔らかくなる 変化が期待できずに、どんどん硬くなっていきます。

硬さがよりひどくなるとギックリ腰と言われる急性腰痛が起こります。

整体もよいのですが、鍼で深層部の筋肉を徹底的に緩めないと、痛みが出なくなることがなかなか期待できません。

ずっと慢性的に痛みを感じるようになります。

治療院通院経験がない、とのことですが、 ご自身のためにも一刻も早い治療が必要だと 思います

何もせず、放っておいて、腰痛が、悪化して 何ヶ月も寝たきりになった方の事例もありますので、後で大変な目にあわないためにも、十分なケアをしていただきたいと思います。

関連記事

  1. 慢性的な腰痛に悩まされています

  2. 顔がむくんでいる。以前より顔が丸くなっている気がする・・

  3. 肩こりと頭痛についての専門家のアドバイス

    肩こりと頭痛についての専門家のアドバイス

  4. 物がぼやけてみえるおそらく眼精疲労

    物がぼやけてみえるおそらく眼精疲労

  5. 肩こりにおける針施術の利点

  6. 八王子での不妊鍼治療

    八王子での不妊鍼治療

雑誌に掲載されました。

ブログ


妊活雑誌に掲載されました。